ジンガ、「ドローサムシング」開発元の買収で2億ドル支払い

ソーシャルゲーム最大手の米ジンガ は21日、同業のOMGPOPを買収することで合意したと発表した。ジ ンガがソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)のフェイスブ ック上やアップルの「iPhone(アイフォーン)」で楽しむゲーム として提供するタイトルに、人気のお絵描きゲーム「Draw Something (ドローサムシング)」が加わることになる。

今回の案件に詳しい関係者の1人が詳細は非公開だとして匿名を条 件に語ったところによると、ジンガはOMGPOP買収で約2億ドル (約170億円)を支払う。両社の発表文によれば、OMGPOPは引き 続きニューヨークに本部を置く。買収に関する金銭面の条件は明らかに していない。

2010年と11年に合計1億4720万ドルを投じて22社を買収したジンガ は、企業買収に向けた投資を増やしつつある。昨年12月に10億ドル規模 の新規株式公開(IPO)を実施した同社は、売上高全体の90%強を占 めるフェイスブックへの依存度の引き下げを目指している。

市場調査会社ガートナーの調査ディレクター、ブライアン・ブルー 氏は「ジンガはここまで小規模企業を数多く買収してきた。こうした買 収の大半は、ゲームタイトルではなく優れた人材の獲得が目的だった」 と説明。ただ、今回は既にユーザーに人気の「タイトルを買うケース だ」と語った。

ジンガの広報担当アダム・イッサーリス氏は、買収額に関してコメ ントを控えた。

原題:Zynga Said to Pay $200 Million for ‘Draw Something’ Creator (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE