ソニー、米国の娯楽部門CEOにリントン氏起用へ-関係者

ソニーは近く、映画部門ソニー・ピ クチャーズエンタテインメントのマイケル・リントン会長兼最高経営責 任者(CEO)を米国のすべての娯楽事業を統括するエンターテインメ ント部門のCEOに起用する計画だ。事情に詳しい2人の関係者が明ら かにした。米国の映画、テレビ番組、音楽事業を一元的に統括する役割 を担う。

情報は非公開だとして関係者の1人が匿名を条件に語ったところに よると、ソニーの東京本社が1週間以内にこの人事を発表する見通し。 リントン氏(52)の担当には家庭用ゲーム機「プレイステーション」の 米国事業は含まれないという。同関係者2人によれば、すべての詳細は まだ固まってない。

4月にソニー本体の社長兼CEOに就任する平井一夫副社長は米娯 楽事業の統括体制固めを進めており、米娯楽事業をリントン氏に任せる ことで、自身は不振の家電事業に専念できるようになると関係者は指摘 した。リントン氏は引き続きロサンゼルスで勤務、ソニー・ピクチャー ズの共同会長職にとどまる。直属の上司は平井次期CEOとなる。

ソニーの広報担当ジョージ・ボイド氏(東京在勤)はコメントを控 えた。

同関係者によれば、ソニーミュージックのダグ・モリスCEOと、 マイケル・ジャクソン遺産管理財団との合弁会社ソニー/ATVミュー ジック・パブリッシングのマーティン・バンディアCEOはリントン氏 の直属となる。リントン氏の昇格人事については20日付のニューヨー ク・ポスト紙が報じていた。

関係者の1人によると、ソニーはまた、執行役エグゼクティブ・バ イスプレジデント兼ゼネラルカウンシルのニコール・セリグマン氏をソ ニー・コーポレーション・オブ・アメリカの社長に起用し、法務やコミ ュニケーション分野の管理を強化する計画。

原題:Sony Said to Tap Studio Chief Lynton to Oversee Media Units (1)(抜粋)

--取材協力:Michael White、Mariko Yasu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE