3月22日の欧州マーケットサマリー:株は続落、製造業活動の縮小で

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3201 1.3225 ドル/円 83.47 83.70 ユーロ/円 110.18 110.70

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 268.67 -.30 -.1% 英FT100 5,891.95 +.54 +.0% 独DAX 7,071.32 +16.38 +.2% 仏CAC40 3,527.37 -3.46 -.1%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .29% -.04 独国債10年物 1.98% -.06 英国債10年物 2.37% -.05

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,649.25 -7.50 -.45% 原油 北海ブレント 124.20 +.08 +.06%

◎欧州株式市場

22日の欧州株式相場は4営業日続落。昨年11月以降で最長の 値下がり局面となった。中国やユーロ圏での製造業活動の縮小を嫌 気した。

英産金会社、ランドゴールド・リソーシズは2008年以来の大 幅安。同社が鉱山を運営するマリでの軍事クーデターが売り材料と なった。スイス3位の保険会社バロイズ・ホールディングや太陽光 発電機器メーカー、マイヤー・ブルガー・テクノロジーも大きく下 げた。両社ともに減益決算が響いた。

ストックス欧州600指数は前日比1.2%安の265.49で終了。 12日以来の安値となった。年初来では8.6%の値上がり。欧州中央 銀行(ECB)による1兆ユーロ余りの長期資金供給や市場予想を 上回る米経済指標が株価を支えてきた。

マーケット・セキュリティーズの欧州チーフストラテジスト、 ステファーヌ・エコロ氏は「世界経済の回復に関して市場は楽観的 過ぎた」と指摘。「中国経済がハードランディングに向かいユーロ 圏の問題も片付いていないとの声がどんどん増えるだろう」と付け 加えた。

この日の西欧市場では、全18カ国で主要株価指数が下落。英 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが同日発 表した3月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は48.1 と、4カ月ぶり低水準。ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた 3月の総合景気指数(速報値)は48.7と、前月の49.3から低下。 どちらの指数も50が活動の拡大・縮小の境目を示す。

◎欧州債券市場

22日の欧州債市場ではドイツ国債が3日続伸。ユーロ圏の製造 業とサービス業の経済活動が3月にエコノミスト予想以上に縮小し たことを背景に、比較的安全とされるドイツ国債の需要が高まった。

ドイツ国債はここ7週間で最長の上げとなった。この日発表さ れた3月の中国製造業購買担当者指数(PMI)の低下も支援材料 だった。スペイン国債は9営業日続落。域内景気が減速しつつある 兆候を受け、高利回り資産に対する投資意欲が減退した。ドイツ政 府はユーロ圏救済基金への拠出金を賄うため、4-6月(第2四半 期)の借り入れ予定額を当初予定から3%引き上げた。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債 券ストラテジスト、アキレアス・ゲオルゴロプロス氏は「景況感指 数が失望する内容だったことからドイツ国債が買われた。データが 発表以上に良い内容となるとの期待があった。指標を受け、2012年 の問題の一つである経済成長に焦点が移った」と語った。

ロンドン時間午後4時1分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.91%。 一時は8bp下げ、先月22日以降で最大の低下となった。同国債 (表面利率2%、2022年1月償還)価格はこの日、0.65上げ

100.825。

マークイット・エコノミクスが22日発表した3月のユーロ圏 総合景気指数は48.7と、前月の49.3から低下した。英HSBC ホールディングスとマークイットが同日発表した3月の中国PMI 指数は48.1となった。2月は49.6だった。

スペイン10年債利回りは前日比10bp上昇の5.51%。一時 は2月16日以来の高水準となる5.53%に達した。イタリア10年 債利回りは11bp上げて5.11%。

◎英国債市場

22日の英国債市場では10年債が4日続伸した。ユーロ圏と中 国の経済活動を示す指数が縮小を示したことから、比較的安全とさ れる英国債の需要が高まった。

英10年債は月初来で最長の続伸となった。同日発表された2 月の英小売売上高はエコノミスト予想以上に悪化した。英政府はこ の日、インフレ連動債を9億ポンド発行。英公債管理局(DMO) は前日、来年度の国債発行額が減ることを明らかにした。

BNPパリバ(ロンドン)の金利ストラテジスト、シャヒド・ ラドハ氏は、ユーロ圏と中国の「弱い指数でリスクを取ろうという 意欲が後退したため、英国債に対するトーンはポジティブだった」 と発言。「2011-12年度の発行計画が好感されたことから、英国 債への買いが続く可能性がある」とも語った。

ロンドン時間午後5時現在、10年債利回りは前日比5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.33%。同国債(表面 利率4%、2022年3月償還)価格は0.45上げ114.79。

マークイット・エコノミクスがこの日発表した3月のユーロ圏 総合景気指数は48.7と、前月の49.3から低下した。英HSBC ホールディングスとマークイットが同日発表した3月の中国製造業 購買担当者指数(PMI)は48.1と、昨年11月以来の低水準とな った。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE