タルーロ理事:適切な自己資本保有の義務付けが救済回避の最善策

米連邦準備制度理事会(FRB)の タルーロ理事は、銀行に適切な自己資本を義務付けることが政府による 救済回避の望ましい方法だとの見解を明らかにした。

22日の上院での証言テキストによると、同理事は「将来の税金によ る救済を回避する最善策は、銀行のリスクと経営破綻した場合に金融シ ステムに与える影響を考慮し、大規模な金融機関が適切な資本バッファ ーを保有することだ」と主張する。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE