NY外為:ドル、総じて上昇-リスク資産への懸念で逃避需要

ニューヨーク外国為替市場ではドル が主要通貨の大半に対して上昇。リスク資産の上昇ペースが経済成長見 通しを上回ったとの懸念が広がり、安全な逃避先とみなされるドルの需 要が高まった。

対ドルでのユーロは一時、ほぼ2週間ぶりの高値に上昇する場面も 見られた。ギリシャ議会が第2次救済を受けるための法案を可決したこ とに加え、ドイツとポルトガルの入札が支援材料となった。日銀が金融 緩和の拡大に動くとの懸念から、円は大部分の主要通貨に対して下げ た。

ウェルズ・ファーゴの主任為替ストラテジスト、ニック・ベネンブ ローク氏(ニューヨーク在勤)は「ドルには調整的な強さが少し見られ る」と指摘。「株式相場が軟調で、海外通貨の一部が下げている。市場 がやや慎重になっていることを反映している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比0.1%高 の1ユーロ=1.3216ドル。ユーロは一時、1.3285ドルと、8日以来の高 値を付ける場面もあった。ドルは対円で0.4%安の1ドル=83円41銭。

株とドルの関係

先進国の株式で構成されるMSCI世界指数は一時、0.6%下落し た。

この日は株価が下落する中をドルは上昇したが、2008年10月以来の 両者の逆相関関係は過去2カ月で弱まっている。期間60日の相関係数は 先週、マイナス43%に上昇した。昨年12月には最大でマイナス85%まで 低下していた。マイナス100%は完全な逆相関を意味する。

ベネンブローク氏は「この特定の関係は従来ほど確実ではなくなっ ている」と話した。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重指数による と、円は過去1カ月に3.5%下落。一方、ドルは0.7%、ユーロは0.4% 上げている。

メルク・インベストメンツのハード・カレンシー・ファンドはこの 日、保有していた残りの円を売却し、ユーロを購入した。日銀による事 実上のインフレ目標設定が金融政策の一段の緩和につながるとの懸念が 背景。

「流れはシフト」

同社の創設者で社長のアクセル・メルク氏はブルームバーグラジオ とのインタビューで、「日銀はこのインフレ目標の導入により、紙幣増 刷を拡大し、インフレモードに入りつつある。そのため、流れはシフト している」と指摘した。

ギリシャのパパデモス首相が1300億ユーロ(約14兆4200億円)規模 の国際支援を受けるための法案について議会の承認を確保したことは、 ユーロの支援材料。

ガイトナー米財務長官は下院金融委員会で、「ギリシャは持続可能 な状態に向かって前進しつつある」と証言。「そこにたどり着くかどう かは政治的支援を維持できるかどうかに大きく左右される」と述べた。

ドイツはこの日の入札で、2014年3月償還債を50億ユーロ相当発行 した。応札倍率は1.8倍と、前回と同じだった。20億ユーロ相当のイン フレ連動国債も発行した。

ポルトガル政府は21日実施した入札で、12カ月物証券16億1000万ユ ーロ(約1800億円)相当を発行。平均利回りは3.65%と、2月15日入札 時の4.94%を下回った。応札倍率は2.5倍(2月は2.02倍)だった。政 府は4カ月物3億8200万ユーロも発行した。

原題:Dollar Gains as Economic Pace Concern Boosts Safe-Asset Demand(抜粋)

--取材協力:Allison Bennett.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE