FRB議長:原油価格の高騰は米経済成長に脅威-議会証言

米連邦準備制度理事会(FRB)の バーナンキ議長は21日の議会証言で、エネルギー価格の上昇は個人消費 を抑制し米経済を弱める恐れがあると指摘した。

議長は下院監視・政府改革委員会で、「エネルギー価格の上昇によ り、少なくとも短期的に見て成長が減速する恐れがある」と証言。燃料 価格の高騰は「少なくとも短期のインフレ圧力を生じさせる。その上、 家計の購買力に対して税金のように作用し、消費支出を減少させる。そ れもまた景気への足かせとなるものだ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は、21日 午前11時38分現在、前日比1.36ドル(1.3%)高の1バレル=107.43ド ル。全米自動車協会(AAA)によれば、20日のガソリン価格は全国平 均で1ガロン=3.86ドルと、1月1日時点の3.28ドルを上回っている。

原題:Bernanke Sees Threat to U.S. Growth From Higher Fuel Prices (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE