高級ハンバーガー、ロサンゼルス旋風がニューヨーク上陸へ

ハンバーガーと言ってもビーフばか りとは限らない。トリュフの香りを付けたチーズと、ポートワインで煮 詰めたタマネギをトッピングにしたブランド物のハンバーガーも、ニュ ーヨーク市にないわけではない。だからといって、ロサンゼルスでナイ トクラブを経営するサム・ナザリアン氏はしりごみなどしない。同氏は 「高級料理のファストフード」というコンセプトを掲げて、ニューヨー クに乗り込んでくる。

ニューヨークでは今年、同氏のレストランチェーン「ウマミ(うま 味)バーガー」のマンハッタン店が誕生する。SBEエンターテインメ ントの最高経営責任者(CEO)のナザリアン氏は昨年7月に、ウマミ バーガー株の50%を買い取った。SBEの高級ホテル、SLSホテルを 含めて今年中に20カ所以上に店舗を出す計画だと同氏は語った。

ナザリアン氏の高級バーガー戦略は、米経済が長い低迷を脱するの に伴い外食客が増え、新しい味覚体験を求め財布のひもを緩める用意が あるとの飲食店業界の期待を示す一例だ。米国の大手500外食チェーン の売り上げは昨年、前年から3.4%増え約2420億ドル(約20兆3200億 円)となった。シカゴの調査会社テクノミックが19日に公表したもの で、2011年は10年の1.8%を上回る伸びだった。

ナザリアン氏は「特にハンバーガーに関し、人々の意識は進化して いる」と言う。「質にこだわり、新しいもの、なじみのないものを試す のに抵抗がない人々にグルメ・ハンバーガー・チェーンは受け入れられ る」と同氏は説明した。

ニューヨークで飲食店が地歩を固めるのは容易でないにしても、高 級ハンバーガーというのは良い目の付け所だ。米国人のハンバーガー好 きには拍車がかかり、テクノミックによれば少なくとも週1回ハンバー ガーを食べる米国人は48%と、09年の38%から増えている。

ワインとマティーニ

とはいえ、マクドナルドも含め多くのチェーンがより上等なハンバ ーガーを売り出す中で、高級ハンバーガー市場が飽和に向かうリスクは ある。

しかしナザリアン氏は、自社の高級レストランとハンバーガーは他 の類似店とは一味違うと考えている。ウマミバーガーの一部店舗では、 キハダマグロの切り身にわさびのアクセントを効かせたバーガーをワイ ンやマティーニと一緒に出す。これらはマクドナルド発祥の地でもある 南カリフォルニアのバーガー界で起こっている最新の進化だ。

マンハッタンには10ドル未満のハンバーガーを出すチェーンが多数 あり、ウマミバーガーにとっては厳しい競争になるだろうと、Bライリ ーのシニア株式アナリスト、コンラッド・ライオン氏は話す。

一方、ロサンゼルスではビッグマックの3倍程度の値段の準高級ク ラスのハンバーガーが人気だ。ウマミバーガーはロサンゼルスとその近 郊に6店、サンフランシスコに1店を運営。ウマミの店の近くに住むカ メラマンのデーブ・グレッグ氏は、「ちょっと高級感がある」が、「財 布に穴が開くほどでない」スイートスポットだと評価した。

原題:Los Angeles Burgers Invade New York as Economy Rebounds: Retail(抜粋)

--取材協力:Christopher Palmeri、Anthony Palazzo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE