3月の月例経済報告:消費と設備投資を上方修正-基調判断は維持

古川元久経済財政担当相 は21日、3月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。報 告は景気について「依然として厳しい状況にあるなかで、緩や かに持ち直している」とし、5カ月連続で総括判断を据え置い た。一方で、個人消費や設備投資などの判断を上方修正した。

報告は、個人消費について「エコカー補助金等の政策効果 もあって、底堅く推移している」と指摘し、2カ月連続で判断 を引き上げた。8か月ぶりの上方修正となった設備投資は「こ のところ持ち直しの動きがみられる」と説明。震災の復興需要 が見込まれるとして、今後もこうした傾向が続くことに期待を 表明した。このほか、公共投資も2カ月連続で上方修正した。

先行きについては「各種の政策効果などを背景に、景気の 持ち直し傾向が確かなものとなることが期待される」と表明。 半面、欧州の政府債務危機や原油価格の上昇などで「景気が下 押しされるリスクが存在する」と指摘した上で、電力供給の制 約などにも注意が必要だとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE