国内市況

東京株式相場は6営業日ぶりに反 落。中国景気の減速懸念で輸送用機器や機械など輸出関連、鉄鋼株が下 げ、国際商品市況の下落が嫌気され鉱業など資源関連株も安い。相場の 過熱感が強い中、直近で大きく上昇した業種も売られ、一部アナリスト の弱気判断も重なった証券が東証1部33業種の下落率トップ。

TOPIXの終値は前営業日比9.57ポイント(1.1%)安の58.78、 日経平均株価は55円50銭(0.6%)安の1万86円49銭。東証1部の売買 高は概算で21億1800万株、売買代金は1兆3565億円。値上がり銘柄数 は357、値下がり1196。

祝日休場明けとなったきょうの日本株は、中国での需要減退懸念か ら下げた前日の欧米株式、商品市況の影響で、朝方から輸出関連や鉄 鋼、資源関連株などを中心に売りが先行。中国は20日からガソリンとデ ィーゼル油の価格を引き上げ、世界最大の鉱山会社であるBHPビリト ンは中国の鉄鋼生産が鈍化しつつあると指摘した。20日のニューヨーク 市場では銅先物が前日比2%安。世界最大の原油輸出国であるサウジア ラビアが供給不足解消へ直ちに増産できると表明した材料も加わったた め、原油先物は2.3%安となった。

対ユーロを中心とした円安、中国上海株が小高く始まったことなど で、朝方の売り一巡後のTOPIX、日経平均はともに下げ渋ったが、 上海総合指数がマイナス圏に沈むなどアジア株の軟調を受けた午後は下 げ幅を広げる展開。東証1部売買代金上位では、日産自動車やコマツな ど中国で業績恩恵を受けている銘柄群が下落した。

テクニカル指標から見た過熱感が強い中で、直近の上昇が目立って いた業種が一段安の動きを見せたことも、株価指数を押し下げた。東証 1部の上昇、下落銘柄数の百分比である騰落レシオ(25日平均)は19日 時点で138%と、過熱圏を示す120%以上の状況が長期化している。

債券上昇、株安や投資家需要

債券相場は上昇。米国市場で米10年債利回りが一時4カ月半ぶり水 準まで上昇したことを受け、朝方は売りが先行した。その後は、株価が 午後に下げ幅を拡大したことや投資家の根強い需要を背景に買いが優勢 となり、先物は一時14日以来の水準まで続伸する場面があった。

東京先物市場で中心限月6月物は前営業日の19日終値比7銭安 の141円33銭で取引開始。いったん3銭安まで戻したが、日経平均株価 が下げ幅を縮めると売りが増え、16日以来の安値となる141円19銭まで 下げた。しかし、午後に入ると株安加速もあって水準を切り上げ、一時 は24銭高まで上昇した。終値は15銭高の141円55銭。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の321回債利回りは 同1.5ベーシスポイント(bp)高い1.045%で始まり、午前10時過ぎに は1.05%と16日以来の高水準を付けた。午後に入ると徐々に戻し、午後 3時前後には1週間ぶりの低水準となる1.015%を付けた。長期金利は 前週半ばに大幅に水準を切り上げ、15日には昨年12月以来の高水 準1.06%を付けたが、19日は1.03%まで下げた。

5年物の103回債利回りは一時1bp高い0.36%を付けたが、その 後0.335%まで低下。超長期債利回りも低下に転じ、20年物の134回債利 回りは2bp高い1.805%に上昇した後、1.76%まで下げている。

20日の米国債市場では、10年債利回りが4カ月半ぶりの高水準を付 けた後、低下に転じた。利回り上昇が投資資金を呼び込み、買いが優勢 となった。米10年債利回りは前日比2bp低い2.36%。一時は昨年10月28 日以来の高水準の2.40%程度まで上昇していた。

ユーロ、5カ月ぶり111円台

東京外国為替市場では、ユーロが一段高となり、ユーロ・円相場は 1ユーロ=111円台に乗せて、ほぼ5カ月ぶりの高値を更新した。ユー ロ圏ではギリシャの債務問題をめぐる懸念がいったん落ち着いているこ とから、ユーロ売り持ち高の解消圧力がかかった。

ユーロ・円相場は一時111円17銭と、昨年10月31日以来の高値を付 けた。午後3時20分現在は111円14銭付近で取引されている。ユーロは 対ドルでも買い進まれ、一時は1ユーロ=1.3283ドルと、8日以来の高 値を付けた。

一方、ドル・円相場は1ドル=83円54銭を下値に午後にかけてドル が値を戻し、一時は83円75銭まで上昇。午後3時20分現在は83円73銭近 辺で推移している。

ギリシャ議会は欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)から第 2次支援を受けるための法案を賛成多数で可決。米国のガイトナー財務 長官は20日、「ギリシャが持続可能な状態に向かって前進しつつある」 との見解を示した。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴマーカンタイ ル取引所(CME)の国際通貨市場(IMM)では、13日時点でユーロ 通貨先物の取組残高(非商業部門)が9万9336枚の売り越しとなってい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE