タイ中銀:政策金利を3%に据え置き-海外動向の影響見極め

タイ中央銀行は21日、政策金利の据 え置きを発表した。これまでは2会合連続で利下げしていたが、欧州債 務危機や中国の経済成長鈍化、原油価格上昇の影響を見極める。

タイ中銀によれば、政策金利の1日物レポ金利は3%に据え置かれ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、21人 中19人が据え置き、2人が0.25ポイント利下げと見込んでいた。オース トラリアや韓国などアジア太平洋地域の多くの中銀が今月、利下げを見 送っている。

タイ中銀は、2012年の経済成長率見通しを5.7%とこれまでの4.9% から引き上げた。また、今年の平均コアインフレ率予想も2.4%に引き 上げた。

原題:Thailand Holds Rate as Asia Weighs Growth Against

--取材協力:Tony Jordan、Daniel Ten Kate、Michael Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE