米JPモルガン行員も上位に、再選目指すオバマ大統領へ寄付

再選を目指すオバマ米大統領への先 月の寄付で大口の資金源となったのは、米銀ウェルズ・ファーゴとJP モルガン・チェース、ゴールドマン・サックス・グループの従業員だっ たことが米連邦選挙委員会(FEC)の記録の分析結果で明らかになっ た。

こうした支援はウォール街が再びオバマ氏に寄付し始めていること を示唆しているという。4年前の大統領選挙ではウォール街からのオバ マ氏への寄付は1600万ドル(約13億円)だった。オバマ氏は先月、こう した寄付や民主党全国委員会との共同の資金調達委員会から移され た650万ドルを含めて2100万ドルを調達した。

民主党全国委員会メンバーのロバート・ジマーマン氏は、「寄付者 や党活動家、市民の目に選択肢が見えてきた今、オバマ氏への支持がさ らに強まっている」と指摘した。

オバマ氏はこれまでに再選に向けて1億6100万ドルを集めており、 3月に入って銀行に約8500万ドルを保持している。ヒラリー・クリント ン氏と民主党大統領候補指名を争った4年前は、2月末時点で1億9700 万ドルを集め、4000万ドル近い現金を持っていた。

FECの20日の報告書をコンピューターで分析した結果によると、 オバマ氏への寄付で最多はマイクロソフトの社員の9万1881ドル。ウェ ルズ・ファーゴの社員は1万6290ドルで寄付者の雇用主別では6位。 JPモルガンの社員は1万4903ドルで10位。ゴールドマンは1万4610ド ルだった。

原題:JPMorgan Employees Join Goldman Sachs Among Top Obama Donors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE