アジア株:MSCI指数、下落-中国経済と収益への懸念で

21日のアジア株式相場は下落。中国 熔盛重工集団などが減益決算を発表したほか、中国の景気が鈍化しつつ あるとの懸念を背景にオーストラリアが資源輸出見通しを下方修正した ことが響いた。

香港上場の造船会社で最大手の中国熔盛は7.2%下落。同社の昨年 7-12月(下期)は59%減益となった。中国の自動車メーカー、吉利汽 車は5.4%安。本土の乗用車販売の伸びが目標に届かないとの観測が売 りにつながった。世界最大の鉱山会社、BHPビリトンはシドニー市場 で1.7%下落。20日のニューヨーク銅先物相場の2週間ぶり大幅安に反 応した。

英資産運用会社シュローダーのファンドマネジャー、リー・キンフ ェイ氏(シンガポール在勤)は「投資家は当初考えられていたほど良い 状況ではないことを認識し始めている」と指摘。「欧米にはなお解決が 必要な構造問題があるし、不良債権が増加し銀行の資本増強や融資抑制 につながれば、中国の成長がさらに鈍化するリスクがある」と解説し た。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時9分現在、前日 比0.6%安の126.28。米経済指標の明るさがアジアの輸出企業の見通し 改善につながり、年初から前日までの間に12%上昇している。

原題:Asian Stocks Decline on Chinese Slowdown, Earnings Concerns(抜粋)

--取材協力:Toshiro Hasegawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE