米FRB、754億ドルを財務省に納付-オペに伴う金利収入

米連邦準備制度理事会(FRB) は、債券ポートフォリオを拡大させる公開市場操作(オペ)の実施 で836億ドル(約7兆円)の金利収入が生じたとして、754億ドルを米財 務省に納めた。

米国の中央銀行であるFRBが20日発表した財務報告によれば、 FRBの総資産は2011年末時点で2兆9200億ドル。前年末は2兆4300億 ドル、07年は約8940億ドルだった。

FRBは08年12月に事実上のゼロ金利政策を開始して以降、長期金 利を引き下げて景気刺激を図るため市場から証券を買い入れており、バ ランスシートが拡大した。FRBの証券保有に伴う収入の財務省への納 付は、景気回復に伴い減少する可能性が高い。

ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブ ン・スタンリー氏は「数字が今後少なくなるのは間違いない。財政の観 点からすれば、金利上昇は景気改善と税収増を意味するため、問題はな いだろう」と話している。

原題:Fed Bond Portfolio Generates $75.4 Billion for U.S. Treasury (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE