財務相:対イラン制裁の日本への適用除外を歓迎-今後も原油輸入削減

安住淳財務相は21日午前の閣議後会 見で、米国がイラン産原油の輸入を削減しない国の金融機関に対する制 裁の適用対象から日本を除外すると発表したことを受け、「日本側の考 え方を反映した決定だ。1つの交渉の成果として歓迎したい」との見解 を示した。その上で、「今後のことも含めて日本の対応が評価された」 と述べ、「一定の割合で原油の輸入は削減されていく方向だと思う」と 語った。

財務相は今年1月に来日したガイトナー米財務長官と会談した際、 日本の原油輸入の10%を占めるイラン産原油について過去5年間で40% の輸入量を削減した経緯を説明し、理解を求めた上で段階的にシェアを 削減することで一致。その後、日米間で交渉が続いていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE