ビジネス最適国・地域のトップは香港、2位オランダ-調査

ビジネスに最適な国・地域は香港 との結果が、ブルームバーグがまとめたデータで示された。自由市場主 義のとりでであり、法人税率が低いことに加え、世界で最も人口が多い 中国の一部でその本土への玄関口であることが利点となった。

ブルームバーグ・ランキングスが経済統合の度合いや労働コストな ど6つの基準で160の国・地域を比較した。この新指数で、人口約700万 人の香港が首位を獲得。オランダ、米国、英国、オーストラリアがそれ に続いた。

15年前に中国に返還された時、世界の金融の中核としての香港の役 割が後退するのではないかとの懸念とは裏腹に、中国本土からの旅行 客2800万人が出入りする香港には米ゼネラル・エレクトリックやギャッ プなど優良企業が引き寄せられた。金融大手、英HSBCホールディン グスは香港市場に上場している。

野村ホールディングスのアジア調査部門のエコノミスト、木下智夫 氏(香港在勤)は、香港は中国の玄関口であり税率面で競争力があるた め、同地にアジアの拠点を置くことは企業にとって自然な選択の一つだ と説明。中国や他のアジア諸国に近接することを望む企業にとって、香 港を拠点に利用することは妥当な判断だと語った。

ブルームバーグ・ランキングスが6つの基準をベースに0-100% で評価した結果、首位の香港は49%、2位のオランダは48.3%、3位の 米国は46.9%だった。

オランダは5つの主要な港湾と大陸欧州への好アクセスが評価され た。

香港の法人税率は16.5%。これに対し米国の連邦法人税率は35%。 金融業界に対する規制強化が見込まれるなか、銀行には香港への移転を 検討するよう投資家からの圧力がかかっている。

米国のオバマ大統領が2月22日に提案した法人税改革案は税率 を28%に引き下げるものの、現行の税制優遇措置の一部は撤廃する内 容。

原題:Hong Kong Beats Netherlands and U.S. as Best Place for Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE