英中銀デール氏:インフレ率は予想ほど速く鈍化しない可能性

イングランド銀行(英中央銀行)の チーフエコノミスト、スペンサー・デール氏は20日、今年のインフレ率 が英中銀の予想ほど速いペースで鈍化しない可能性を指摘した。中東情 勢の緊張に伴う原油高を理由に挙げた。

英中銀の金融政策委員会(MPC)の中心的な予想は、インフレ率 が今後3年間の多くの期間について、2%目標を上回るより「下回る公 算の方が若干大きい」というものだ。これに対しデール氏は、物価上昇 率の鈍化を予想する「もっともな理由」はあるものの、同氏としては 「それほど一方向には偏らない」とみていると語った。

デール氏は同日のウェールズでの講演で、「海外からの物価上昇圧 力は引き続き国内のコストと物価を押し上げるもようだ」とし、「明確 な懸念材料の1つは、中東情勢がさらに悪化し、原油相場への一段の上 昇圧力となる可能性だ」と述べた。

景気回復のペースについては、「短期的には弱いままの公算が大き く」、物価上昇圧力の緩和につながるだろうとした上で、長期的な見通 しはより不透明だと指摘した。

原題:Dale Says U.K. Inflation May Not Slow as Fast as BOE Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE