NY銅:2%安の1ポンド=3.8305ドル-中国の在庫増を嫌気

20日のニューヨーク銅先物相場は 供給増と景気鈍化を背景に、世界最大の銅消費国、中国の需要が減退す るとの見方から売られた。

ブルームバーグがまとめた上海の保税倉庫の銅在庫推定量(中間 値)は先週53万トンだった。調査会社CRUインターナショナルによる と、昨年10-12月(第4四半期)は20万トンだった。

キングスビュー・ファイナンシャルのストラテジスト、マシュー・ ジーマン氏は電話インタビューで、銅相場の下落は「引き続き中国の景 気鈍化」を反映したもので、「上海の在庫増は市場参加者に売る理由を 与えた」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前日比2%安の1ポンド=3.8305ドルと、中心限月として は3月6日以降で最大の下落率となった。銅先物相場は年初来、米経済 の回復を背景に11%上昇している。

原題:Copper Declines Most in Two Weeks as Inventories Gain in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE