アップル「iPad」新機種の温度上昇を調査-消費者団体誌

米消費者団体専門誌コンシューマ ー・リポーツは、アップルのタブレット型端末「iPad(アイパッ ド)」の新機種がグラフィックスの多いゲームなどプロセッサーを集中 して使用する作業の実行時には前機種よりも「かなり高温」になるとの 調査結果を明らかにした。

コンシューマー・リポーツのウェブサイトによると、アクション・ ゲーム「インフィニティ・ブレードII」をしながら赤外線画像カメラ を使い温度を調べてみた結果、新機種はカ氏116度(セ氏46.67度)まで 上がった。ただ、温度は上昇したものの、手で持つことが不快になるこ とはなかったという。

新機種の温度上昇について指摘したのはコンシューマー・リポーツ だけではない。エンガジェットなどのウェブサイトによると、オランダ のサイト、トウィーカー・ドット・ネットの調査では新機種はカ氏10度 高くなることが分かったという。

アップルの広報担当トルーディ・ムラー氏は発表文で、新機種は 「十分に当社の温度仕様の範囲内」で動作しているとし、「ユーザーは 不安があればアップルケアに連絡を取ってほしい」と述べた。

原題:Apple IPad Runs ’Significantly Hotter,’ Consumer Reports Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE