米住宅着工:2月は1.1%減、一戸建てが急減-許可件数は増加

2月の米住宅着工件数は前月から減 少した。住宅不動産市場の回復が進むには時間がかかることが示唆され た。

米商務省が20日発表した2月の住宅着工件数(季節調整済み、年率 換算、以下同じ)は前月比1.1%減の69万8000戸。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は70万戸だった。前月は70 万6000戸と、速報値の69万9000戸から上方修正された。将来の着工の目 安となる許可件数は71万7000件と、2008年10月以来の水準に増加した。

BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、サル・グア ティエリ氏(トロント在勤)は、「住宅市場は非常に緩やかな回復が続 く」とし、「許可件数の増加は、数カ月先に一段と堅調さが増す可能性 を示唆している」と述べた。

2月の着工件数は一戸建てが前月比9.9%減少し45万7000件。過去 1年間で最も大幅な減少となった。一方、集合住宅の着工は21%増加し て24万1000件だった。

着工件数は全米4地域のうち2地域で減少した。北東部は12%減と 最も著しい減少を示した。西部は5.9%減少した。中西部は3%増。南 部も1.5%増加した。

ください。

原題:Housing Starts in U.S. Fell in February from Three-Year High (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE