インド株(20日):4日ぶり上昇、原油安でインフレ見通し改善

インド株式相場は上昇。指標のセン セックス30種指数は4営業日ぶりに反発した。原油相場の反落でインフ レと政策金利の見通しが改善したことが手掛かり。

時価総額でインド最大の医薬品メーカー、サン・ファーマシューテ ィカル・インダストリーズは2週間ぶり大幅高となった。不動産開発で 国内最大手のDLFは1.4%上昇。国内最大の銀行、インドステイト銀 行は4日ぶりに買い優勢となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比42.81ポイント (0.3%)高の17316.18で終了。前日までの3営業日で3.6%下げてい た。

サン・ファーマシューティカル(SUNP IN)は2.8%高の570.90ルピ ーと、2日以降で最大の値上がり。DLF(DLFU IN)の終値は195.65 ルピー。ステイト銀(SBIN IN)は1.4%上げ2187.35ルピー。年初来で は34%上げている。

原題:Indian Stocks Advance as Crude Drop Boosts Inflation Outlook(抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE