RBS:韓国とインドネシア、シンガポールで一部部門閉鎖へ

政府管理下にある銀行で英最大のロ イヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は韓国と インドネシア、シンガポールの一部事業を段階的に縮小する。従来は事 業売却を計画していた。

同行の香港在勤広報担当者、ユック・ミン・ホイ氏は電子メールで 質問への回答を寄せ、韓国のキャッシュエクイティとエクイティキャピ タル市場、コーポレートファイナンスの各部門のほか、インドネシアと シンガポールのキャッシュエクイティ事業の閉鎖を20日に開始すること を明らかにした。約70人が影響を受けるという。

RBSはアジア太平洋地域の一部資産について、マレーシアの CIMBグループ・ホールディングスに売却する交渉を行っている。同 行は1月12日、不採算部門から撤退する計画を明らかにしていた。

ホイ氏によると、同行は韓国とインドネシア、シンガポールを含む アジア太平洋地域11カ国で、デットファイナンス(借り入れによる資金 調達)やトランザクションサービス、リスクマネジメントの各事業の運 営は継続する方針だ。

原題:RBS to Shut Down Some Units in Korea, Indonesia, Singapore (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE