グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数が約1週間ぶりの安値となっ た。中国の住宅価格下落を背景に中国本土の不動産株が値下がりした ほか、中国アルミ(チャルコ)など資源株も安い。

中国の不動産開発会社、遠洋地産(3377 HK)は5.6%安。チ ョンコン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK)やサンフンカ イ・プロパティーズ(新鴻基地産発展、16 HK)も安い。中国の2 月の新築住宅価格のデータが悪化したことが響いた。チャルコ (2600HK)は4.2%値下がり。同社の2011年7-12月(下期) は予想を上回る赤字となった。

米ウォルマート・ストアーズに玩具や衣類を納入するリー・アン ド・ファン(利豊、494 HK)は1.5%高。今週発表される経済指 標では、米住宅市場が安定しつつあることが示される見込みだ。

ハンセン指数は前週末比202.56ポイント(1%)安の

21115.29と、9日以来の安値で終了。ハンセン中国企業株(H株) 指数は同1.6%安の11036.10と、4営業日続落。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「不動産市場 は依然として中国経済が現在直面している最大のリスク」だと指摘し た上で、「企業利益と景気はまだ底を打っていない」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数が約1週間ぶりの高値を付け た。国際通貨基金(IMF)の朱民副専務理事が投資の力強さを理由 に、中国経済がハードランディングを回避するとの見解を示したこと が好感された。

ガス供給も手掛ける江漢石油鑚頭(000852 CH)は10%の値 幅制限いっぱい上昇。政府がシェール(頁岩層)ガス業界の発展を後 押しすると表明したことが手掛かり。内蒙古包鋼稀土高科技 (600111CH)を中心とするレアアース(希土類)関連株や、産銅 会社の江西銅業(600362 CH)も高い。

万科企業(000002 CH)や保利房地産集団(600048 CH) など不動産株は下落。中国の2月の新築住宅価格のデータが過去1年 で最悪となったことが響いた。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「当局には金 融政策や特定の業界を狙った措置など成長鈍化を補う手段がある」と 指摘。その上で、「依然として中国経済が現在直面している最大のリ スクは不動産市場だ」と付け加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前週末比5.45ポイント(0.2%)高の

2410.18と、13日以来の高値で終了。上海、深圳両証取のA株に 連動するCSI300指数は同6.49ポイント(0.3%)高の

2630.01。

【インド株式市況】

インド株式相場は3営業日続落。原油高を背景に、財政赤字削減 への政府取り組みが困難になるとの懸念が高まった。指標のセンセッ クス30種指数は前週まで、週間ベースで4週連続安となっていた。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は2週間ぶり安値を付け るなど、銀行株が安い。国内最大の発電設備メーカー、バーラト重電 機も3日続落。ソフトウエア輸出で国内最大手のタタ・コンサルタン シー・サービシズは4.1%安となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比192.83 ポイント(1.1%)安の17273.37で終了。3営業日の下落率は

3.6%となった。

ムカジー財務相は16日、今年度(2011年4月-12年3月) の

財政赤字が対国内総生産(GDP)比で推定5.9%と、昨年設定し た目標を上回ることを明らかにした。原油相場は同日に3週間余りで 最大の上げとなった。原油需要の約80%を輸入に頼るインドのコス ト押し上げ要因となる。

ステイト銀(SBIN IN)は3.2%下げ2157.55ルピー。バ ーラト(BHEL IN)は4.9%安の260.15ルピー、タタ・コンサ ルタンシー(TCS IN)の終値は1122.00ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比14.64ポイント(0.3%)高の

4290.80。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比12.56ポイント(0.6%)高の

2047.00。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比11.02ポイント(0.1%)安の8043.92。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比20.59ポイント(0.7%)安の2990.09。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比2.20ポイ ント(0.1%)高の1573.60。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比0.06ポイント安の1189.50。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比3.80ポイント(0.1%)安の

4024.73。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比18.89ポイント(0.4%)安の

5127.00。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE