中国株:上海総合指数、1週間ぶり高値-ガス関連株が高い

中国株式相場は上昇。上海総合指数 が約1週間ぶりの高値を付けた。国際通貨基金(IMF)の朱民副専務 理事が投資の力強さを理由に、中国経済がハードランディングを回避す るとの見解を示したことが好感された。

ガス供給も手掛ける江漢石油鑚頭(000852 CH)は10%の値幅制限 いっぱい上昇。政府がシェール(頁岩層)ガス業界の発展を後押しする と表明したことが手掛かり。内蒙古包鋼稀土高科技(600111 CH)を中 心とするレアアース(希土類)関連株や、産銅会社の江西銅業(600362 CH)も高い。

万科企業(000002 CH)や保利房地産集団(600048 CH)など不動産 株は下落。中国の2月の新築住宅価格のデータが過去1年で最悪となっ たことが響いた。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「当局には金融 政策や特定の業界を狙った措置など成長鈍化を補う手段がある」と指 摘。その上で、「依然として中国経済が現在直面している最大のリスク は不動産市場だ」と付け加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前週末比5.45ポイント(0.2%)高の2410.18と、13 日以来の高値で終了。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指 数は同6.49ポイント(0.3%)高の2630.01。

原題:China’s Stocks Advance to One-Week High; Share Gas Shares Climb,(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE