バフェット氏の後継計画、毎年株主に開示を-AFL・CIO

米保険・投資会社バークシャー・ハ サウェイの取締役会はウォーレン・バフェット最高経営責任者 (CEO)の後継者に内部者を指名する計画を確実に維持するため、毎 年株主に最新情報を公表すべきだと、米労働総同盟産別会議(AFL・ CIO)は主張した。

バフェットCEO(81)は先月、後継者を特定したことを明らかに したが、具体的に名前は公表していなかった。AFL・CIOは同 CEOからの最終的な引き継ぎを容易にするための方針を明文化すべき だと提案したが、バークシャーはこれに反対している。

AFL・CIO投資局のブランドン・リーズ局長代行は、バークシ ャーが「内部候補者を選定したことに満足している。バークシャーのよ うな強い文化のある企業の成功にはそれが重要だからだ」と指摘。後継 者への移行「プロセスを動かすのは取締役会であるという言質とそれに 関して毎年、最新情報の提供を希望する」と述べた。

AFL・CIOのファンドはバークシャーのクラスB普通株を3 月16日時点で1282株(約10万3932ドル=約867万円相当)保有してい る。同ファンドの議案は5月5日の株主総会で検討される予定。アップ ルやニューズ・コープ、フェデックス、バンク・オブ・アメリカなどの 企業も過去に後継計画が不透明だとの懸念が投資家の間で浮上した。ロ サンゼルスの管理職紹介会社コーン・フェリー・インターナショナルに よると、株式公開企業の61%はCEOの後継計画を準備していない。

原題:Buffett Succession Gains Investor Scrutiny That Also Dogged Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE