米国がグーグルを調査、アップル「サファリ」めぐり-関係者

インターネット検索最大手の米グー グルがアップルのブラウザー「サファリ」利用者のプライバシーを侵害 した疑いで米当局が調査を進めている。事情に詳しい関係者が明らかに した。

米連邦取引委員会(FTC)は、グーグルがクッキー(情報ファイ ル)を使ってサファリのプライバシー保護設定を擦り抜けることで消費 者を欺いていなかったか調べている。関係者が公に話す権限がないとし て匿名を条件に語った。

グーグルの広報担当クリス・ゲイサー氏は電子メールで、同社が広 告用クッキーを取り除く作業を進めているとした上で、「疑問を抱いて いる当局者にはもちろん協力する。重要なのはわれわれがこのような事 態の発生を予想していなかったということだ」とコメントした。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はグーグルがサフ ァリユーザーの情報を利用し、プライバシー保護設定を擦り抜けていな かったかを米国と欧州連合(EU)の当局が調査していると先に報じて いた。

原題:Google’s Breach of Apple’s Safari Said to Be Probed by U.S. (1)(抜粋)

--取材協力:Heather Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE