G20のインターネット経済、16年までに350兆円規模に-BCG

主要20カ国・地域(G20)のインタ ーネット経済は2016年までに4兆2000億ドル(約350兆円)規模と、昨 年の推定水準の1.7倍に膨らむ。米ボストン・コンサルティング・グル ープ(BCG)が19日、こうした調査リポートを発表した。

BCGは各国でネット利用者約1000人にインタビューを実施。米国 ではネットを利用し続けるために必要であれば、コーヒーをやめる、セ ックスを控えるといった回答が数多くあったという。リポート執筆者の 1人であるBCGのロザンゼルス在住パートナー、ドミニク・フィール ド氏は、「インターネットが電気や水道のようなものになっている」と 指摘した。

BGCは、世界のウェブ利用者数は10年の推定19億人から16年まで に30億人に増えると予想。G20全体で、11年のインターネット経済は推 計2兆5000億ドル規模だという。

インターネット経済が国家だとすれば、米国と中国、日本、インド に次ぐ5位に入り、ドイツを上回る。BGCは、米国では10年にインタ ーネット経済の国内総生産(GDP)に対する寄与度が連邦政府の寄与 度を上回ったとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE