メキシコ財務相:一方的な通貨切り下げを批判-インタビュー

メキシコのミード財務相は、各国の 政策担当者は経済競争力を強化するための一方的な通貨切り下げを避け るべきだと訴えた。エマージング・マーケッツ誌がウェブサイトで報じ た。

ミード財務相は同誌とのインタビューで、欧州債務危機の影響が残 る中で、短期的な通貨切り下げへの依存は、内需や消費、投資を拡大す る政策ほど成長押し上げに役立たないとの見方を示した。

財務相は、メキシコのロスカボスで6月に開催される20カ国・地域 (G20)会合では、為替の不均衡も主要議題になる見通しだと語った。 メキシコは今年のG20議長国を務める。

原題:Mexico Criticizes Currency Devaluations, Emerging Markets Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE