ユンケル議長:支援でIMF関与望まなかった-カティメリニ

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、ドイツとオラ ンダ両国が国際通貨基金(IMF)によるギリシャへの金融支援を望ん でいることを明らかにした。ギリシャ紙カティメリニが報じた。

18日付同紙のプレビュー版によると、ユンケル議長は、「私は IMFの関与を望まない一人だった」と述べた上で、「オランダとドイ ツの議会は、IMFからの支援が全くないとしたらギリシャの援助に非 常に消極的になるだろう」と指摘した。

同議長はまた、ギリシャのパートナーは主に財政再建を主張し、同 国の成長促進を重視することが不十分だったと述べた。

原題:Juncker Tells Kathimerini He Didn’t Want IMF Role in Greece(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE