IMF専務理事:中国は人民元の弾力性拡大を含む金融改革を

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は18日、経済成長の輸出・投資への依存度を軽減する中国の取 り組みに、人民元相場の上昇と弾力性拡大を含む金融改革も加えるべき だとの見解を示した。

北京での経済フォーラムの講演原稿によると、同専務理事は、金融 改革の「中核となる要素」に人民元のほか、より効果的な流動性・金融 の管理、高度な監督・規制、金融市場・商品の発展、柔軟な預金・貸出 金利、資本勘定の開放を含めるべきだと指摘した。

原題:IMF’S Lagarde Encourages China Financial Reform Including Yuan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE