中国:2月の新築住宅価格は70都市中45都市で前月比下落

中国の2月の新築住宅価格は、政府 が調査している70都市の半分以上で前月比で下落し、上昇は3都市にと どまった。中国は不動産価格の抑制策を維持している。

国家統計局は18日、ウェブサイトで、2月の新築住宅価格が45都市 で前月から下落したと発表した。22都市は変わらず。上海と北京、深 圳、広州は5カ月連続の値下がり。1月は47都市で低下を記録した。

2月に住宅価格が上昇したのは北部の包頭と東部の済南、北西部の 西寧の3都市だけで、いずれも0.1%上昇。1月は政府が2011年初め に70都市の住宅価格の発表を開始して以来初めて、新築住宅価格が上昇 した都市がゼロだった。

2月は北京が前月比0.1%、上海が0.2%の下落。深圳と広州 も0.2%の低下だった。東部の温州は4カ月連続で最大の値下がりとな り、前月比で0.5%、前年同月比で8%の低下を記録した。

国家統計局によると、2月の新築住宅価格は前年同月比では70都市 中27都市で下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE