ホンダの燃費広告めぐる米集団訴訟で和解成立-裁判所が承認

ホンダのハイブリッド車所有者が同 社が燃費を誇張したと主張していた集団訴訟で、カリフォルニア州サン ディエゴの地裁は和解を承認した。

同州地裁が16日公表した文書によると、ティモシー・テーラー判事 は和解内容が公平だと判断した。

和解は2003-09年型のシビックのハイブリッド車を対象としたもの で、所有者は燃費がホンダ広告の1ガロン当たり50マイルより悪かった と主張していた。

ホンダは個々の状況に応じて、所有者に100-200ドルを支払う。和 解の対象者は約20万人。

テーラー判事は先に、和解額を1億7000万ドル(約142億円)と推 計していた。

ホンダ米国部門の広報担当クリス・マーティン氏は16日、同社が裁 判所の和解案の承認を喜んでいるとコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE