【今週の債券】長期金利1.0%半ば中心か、米景気楽観や株高警戒で

今週の債券市場で長期金利は1.0% 台半ば中心と、3カ月半ぶり高水準での推移が見込まれている。米国 経済に対する楽観的な見方が強まっていることや、最近の円安・株高 基調を背景に金利に上昇圧力がかかりやすいためだ。

長期金利の指標とされる新発10年債利回りについて、ブルームバ ーグ・ニュースが16日に市場参加者4人から聞いた今週の予想レンジ は、全体で1.00-1.10%となった。前週末終値は1.045%。

みずほ証券の三浦哲也チーフマーケットアナリストは、「4月3日 の10年債入札に向けて、表面利率(クーポン)1.1%が意識され、1.05% 超えを試す調整局面が続く」と予想する。

前週の長期金利は一時1.06%と昨年12月5日以来の水準まで急 上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(F OMC)声明で景気判断を上方修正したことを受けて、米国長期金利 が2.3%台まで上昇したことが嫌気された。円は一時1ドル=84円18 銭と昨年4月以来の円安・ドル高水準を記録し、日経平均株価が1万 円の大台を回復したことも手掛かり。

UBS証券の伊藤篤シニア債券ストラテジストは、13日の米FO MCをきっかけに、量的緩和第3弾(QE3)への期待は後退し、米 金利上昇を通じて国内債相場の地合いが悪化していると指摘。「株高に もかかわらず、金利が低位安定していたのはQE3期待があったため だが、それがぐらついている」と分析した。

FRB議長が講演

こうした中、バーナンキFRB議長が20日と22日に講演を行う。 岡三アセットマネジメントの山田聡債券運用部長は、「FOMCでは景 気判断が引き上げられたとは言え、バーナンキ議長のスタンスは変わ っていないだけに、米金利の上昇は持続しない見通しだ」と述べた。

国内の材料では、22日に2月の貿易統計が発表される。ブルーム バーグの調査によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2 月に1200億円の赤字が予想されている。1月は1兆4750億円と過去 最大の赤字幅だった。

16日夕までに集計した市場参加者の今週の予想レンジは以下の 通り。先物は中心限月6月物、10年国債利回りは新発321回債。

◎マスミューチュアル生命保険運用戦略部嶋村哲金利統括グループ長

先物6月物140円20銭-141円70銭

10年国債利回り=1.00%-1.10%

「株式や為替にらみで先物主導の展開が続く。先物は140円50 銭近辺がチャート上の節目とみられ、同水準を下回れば、下落傾向が 継続する見込み。一方で、現物債は超長期債が底堅く推移するとみて いる。先週の20年債入札でも需要が確認された。30年、40年債はし っかりで、下値では投資家の買いが入るのではないか」

◎みずほインベスターズ証券の井上明彦チーフストラテジスト

先物6月物140円60銭-141円90銭

10年国債利回り=1.00%-1.10%

「海外ファンドの先物売りが警戒される中で、乱高下が続きそう。 相場が下がると売りが加速しやすい。海外金利の上昇をきっかけにリ スク圧縮や益出しの売りが出ており、期末で残高圧縮に向かわざるを 得ない投資家もいるだろう。円安・株高の外部環境下でも金融政策に 過度に依存して5年債を買い過ぎていた反動もある」

◎JPモルガン・アセット・マネジメントの塚谷厳治債券運用部長

先物6月物140円50銭-141円80銭

10年国債利回り=1.00%-1.10%

「当面は海外動向にらみの相場展開が続くとみている。円債市場 は先物を中心に売られやすいリスクが残るだろう。海外債券市場や株 式、為替市場の動向に注目している。3月決算期末に向けて、地合い の弱い状況が長引きそうな局面だ。もっとも、一段と金利が上昇する 余地は限られるともみている」

◎岡三アセットマネジメントの山田聡債券運用部長

先物6月物140円70銭-141円70銭

10年国債利回り=1.00%-1.10%

「長期金利は上振れがあっても一時的だろう。先物市場は年度末 に伴うヘッジ売りや持ち高整理の売りに警戒が必要。期末接近で投資 家の売買が控えられ、先物主導で値振れが拡大するリスクがある。相 場が大きく変動したことで投資家の腰は引けるが、5年債利回りの

0.3%台後半など、金利上昇時の買いの意向は強いとみている」

--取材協力:赤間信行、船曳三郎 Editors:Hidenori Yamanaka,Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE