ギリシャ、意欲的な経済改革で債務水準は低下へ-欧州委員会

欧州連合(EU)の行政執行機関 である欧州委員会は16日にギリシャについて、「意欲的な」経済改革 計画を導入しており、公的債務の水準は今後8年間で約3分の1低下 する可能性があるとの見方を示した。

欧州委員会のウェブサイトに掲載された報告書によると、計画が うまく実行されれば、ギリシャ債務の国内総生産(GDP)比は2020 年に116%と、昨年の165%から大幅に低下する。

欧州委員会は「実行に関するリスクはまだかなり高い」とした上 で、「第2次プログラムの成功はまず第一にギリシャ次第だ」とし、 「プログラムの下で合意した財政健全化と成長促進に向けた構造改 革の完全かつ適時の実行に非常に左右される」と強調した。

また同委員会は、「大幅な生産性向上には時間がかかるため」、成 長目標達成には労働コストを急速に下げる必要があると指摘した。ギ リシャ経済は今年、4.7%のマイナス成長になり、来年も停滞するが、 14年には2.5%のプラス成長に転じると予測している。

原題: Greece to Reduce Debt in Ambitious Economic Overhaul, EU Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE