今日の国内市況:株式4日続伸、債券反発-円は83円台半ば

東京株式相場は4日続伸。米国で 堅調な経済指標が相次ぎ、景気回復期待が継続していることから、海 運や銀行、電機などの輸出関連の一角が上昇。個別では、業績予想を 上方修正した日立製作所や増配を発表した川崎重工業が買われた。

一方、相場の過熱感や為替市場での円安・ドル高基調の一服を受 けて、短期的な上昇が目立っていた輸送用機器やゴム製品、その他金 融などは売りに押された。

TOPIXの終値は前日比3.12ポイント(0.4%)高の866.73、 日経平均株価は同6円55銭(0.06%)高の1万129円83銭。TOP IXはきょうの高値引け。

米国では15日、堅調な経済指標の発表が相次いだ。米労働省が発 表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、前週から1 万4000件減少して35万1000件と、ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想中央値35万7000件を下回った。また、米フィ ラデルフィア連銀が発表した3月の同地区製造業景況指数は12.5と、 前月の10.2から上昇した。

米景気回復期待を背景に、東証1部業種別33指数では海運、空運、 電機、非鉄金属、銀行、証券・商品先物取引、鉄鋼、化学、機械、精 密機器、保険など、輸出関連や金融の一角、素材が上昇率上位に並ん でいる。上昇率1位の海運は、ばら積み船の国際運賃市況であるバル チックライ海運指数は16日続伸中で、市況の底入れ・回復が業績に及 ぼす好影響が期待された。

個別では、川崎重工が高い。12年3月期末配当を従来予想の4円 から5円に引き上げると15日に発表しており、増配を素直に好感する 買いが膨らんだ。また、米ウェスタン・デジタルへのハードディスク ドライブ事業の売却益が従来予想を上回ったとして、2012年3月期の 連結純利益予想を従来に比べ40%増額し、2800億円になるとの見通し を発表した日立が52週高値更新。

一方、16日朝の東京外国為替市場では、円安基調がやや一服。前 日に一時1ドル=84円台まで円安に振れていたドル・円相場は1ドル =83円台半ばに戻している。また、東証1部の上昇・下落銘柄数の百 分比を示す騰落レシオ(25日移動平均)は15日、132%と相場の過熱 圏入りを示す120%を24日連続で超えた。

個別では、SMCが軟調。シティグループ証券投資判断を「買い」 から「中立」に引き下げた。オーエスジーが急落。設備投資と借入金 返済のため、海外市場で年限10年の新株予約権付社債を発行すると発 表。潜在株式数の増加を嫌気した売りが出た。

東証1部の売買高は概算で22億4万株、売買代金は1兆3059億 円、値上がり銘柄数は975、値下がりは531。国内新興市場は、ジャス ダック指数が前日比0.1%高の53.40と7日続伸、東証マザーズ指数 が同0.3%高の382.27と反発した。

債券は反発

債券相場は反発。米国債相場の下げが一服したことや前日までの 相場急落で利回りが大幅に上昇して水準感からの買いが優勢だった。 もっとも、午後には現物債などへの売りで先物相場が8カ月ぶりの安 値圏に達する場面もあった。

東京先物市場で、中心限月6月物は前日比13銭高の141円21銭 で取引を開始し、いったんは141円49銭まで上昇した。しかし、午後 1時半過ぎから水準を切り下げ、一時は9銭安の140円99銭まで下落 し、中心限月で昨年7月11日以来の141円割れを記録した。その後は やや戻して、結局は14銭高い141円22銭で引けた。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の321回債利回り は同2ベーシスポイント(bp)低い1.035%で開始。直後に1.03%まで 低下したが、午後に入ると徐々に水準を切り上げ、2時過ぎには0.5bp 低い1.05%まで低下幅を縮めた。その後は1.045%で推移している。

5年物の103回債利回りは午前に2bp低い0.345%に下げていた が、午後に入ると0.375%まで上昇。前日に付けた新発5年債利回り として3カ月半ぶりの高い水準に並んだ。その後は0.5bp低い0.36% で取引された。30年物の36回債利回りは2.5bp高い1.985%に上昇。 3カ月半ぶりの高水準を付けた。

ドルが83円半ば

東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=83円台半ばを中 心に、前日に付けた昨年4月以来の高値84円18銭から水準を切り下 げて推移した。ドルは2月1日に付けた年初来安値からの上昇率が 11%近くと、昨年年間の騰落率11.9%と比較して短期間で急速に上昇 していることから、スピード警戒感が生じやすく、ドル買いの勢いが 鈍った。

ドル・円相場は朝方に付けた83円63銭を上値にじり安に展開し、 午後の取引で一時83円28銭まで下押しされた。ただ、下値も限定的 で、その後はやや値を戻し、午後3時48分現在は83円50銭付近で取 引されている。相場の過熱感の目安となる相対力指数(RSI、14日 間)は75台に乗せて、ドルの買われ過ぎを示す70を上回っており、 前日の海外市場では一時83円20銭まで下落している。

この日の米国時間には3月のミシガン大学消費者マインド指数の ほか、2月の鉱工業生産や消費者物価指数(CPI)などの経済指標 が発表される。

日本銀行は16日、2月13、14日に開いた金融政策決定会合の議 事要旨を発表。それによると、何人かの委員は「より長い目で見た場 合には、目指すべき物価上昇率は1%を上回る水準に高まる可能性」 があると述べたことが分かった。

米リッチモンド連銀のラッカー総裁は、同連銀のウェブサイトに 掲載した資料で、「経済は緩やかなペースで拡大しており、インフレ率 は連邦公開市場委員会(FOMC)の2%目標に近い」と指摘。「景気 拡大が続く中、インフレ圧力を防止するためフェデラルファンド(F F)金利を引き上げる必要がある」と記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE