中部電水野社長:社債発行は厳しい状況-配当水準は維持

中部電力の水野明久社長は16日の記 者会見で、社債発行について「現在、厳しい状況だ。今、金融機関に依 存しているが、これが高まっているのも事実」と述べた。配当について は、「今の水準を維持したいと考えている」と語った。

水野社長は社債を発行しない理由について、「社債の条件がそれほ ど震災前に比べ、良いとはいえない。相当悪化しているので、なかなか 踏み出しにくい」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE