英マン:アジアのソブリン・機関投資家にヘッジファンド需要

上場ヘッジファンド運用会社として 世界最大手の英マン・グループは、アジア太平洋地域ではソブリン・機 関投資家にヘッジファンド需要があるとみている。ピーター・クラーク 最高経営責任者(CEO)が16日、香港で語った。

同CEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、投資 家がより多くのリスクを取り始めているとも指摘。ロング・ショート戦 略に基づく株式ファンドのパフォーマンスが良くなるだろうと付け加え た。クレジット・商品関連の戦略も投資家にとって魅力的になるだろう とも話した。

クラークCEOは、「これは債券から株式や他の戦略への大きなシ フトの始まりだ」と述べた。詳細については触れなかった。

原題:Man Group Sees Hedge Fund Demand From Asia-Pacific Investors (1)(抜粋)

--取材協力:Andy Clarke、Hope Ngo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE