関西電八木社長:原発が再稼働すれば社債発行を検討

関西電力の八木誠社長は16日の記者 会見で、原子力発電所が再稼働した後で社債発行を検討する方針を示し た。

八木社長は、「社債というのは電力会社にとり、借入金と並び必要 不可欠な資金調達手段。原子力発電所を持つ東北電力が当初予定よりも 多額の社債が発行できたので、条件次第では今時点でも発行可能だと認 識している」と述べた。

八木社長は「当社はまだ再稼働が見えていないので、それが見えて 発行状況が見えてくれば検討したい。その間、当面は借入金で対応す る」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE