中国国家統計局:山西省の河津支部でデータ改ざん-重慶市でも問題

中国国家統計局は、山西省の河津支 部が企業に虚偽のデータを提出するよう求めていたことを明らかにし た。今月12日付の声明をウェブサイトに掲載した。

声明によれば、提出された虚偽データは2011年分のもので、改ざん は「深刻」だという。統計局は2月21日付声明で、重慶市の地方統計当 局が11年11月に一部企業のデータ報告に干渉したとしている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: 渡辺漢太

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE