リッチモンド連銀総裁:2013年に利上げ必要になる見通し

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は、利上げが来年必要になるとの見通しを示した。

同総裁は、同連銀のウェブサイトに掲載した資料で、13日開催の連 邦公開市場委員会(FOMC)で唯一の反対票を投じた理由を説明。 「私の現時点の評価は、2013年に金利の引き上げが必要になる公算が大 きいといったものだ」と述べた。13日のFOMC声明は、少なくとも14 年末まで「異例の低水準」のフェデラルファンド(FF)金利が正当化 されるだろうとした。

ラッカー総裁は、「経済は緩やかなペースで拡大しており、インフ レ率はFOMCの2%目標に近い」と指摘。「景気拡大が続く中、イン フレ圧力を防止するためFF金利を引き上げる必要がある」と記した。

原題:Lacker Says Fed May Need to Raise Target Interest Rate in 2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE