ECBに追加行動を期待すべきではない-リイカネン氏

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、フィンランド銀行(中銀)のリイカネン総裁は、債務問題 への対応で各国政府はECBに追加行動を期待すべきではないと促し た。危機対策の解除までに時間をかけ過ぎてはならないとの考えも示し た。

リイカネン総裁は15日、ヘルシンキでブルームバーグ・ニュースと のインタビューに応じ、「ECBは多くのことを行った」とし、政策金 金利を過去最低水準に引き下げたことや、3年物資金供給オペの実施に 言及した。「管理され、かつ時宜を得た方法でいつ、どのように危機対 応策を解除するかを決めなければならない」とも述べたが、詳細に説明 することは控えた。

ECBのドラギ総裁は、各国政府が経済と財政の立て直しに当たっ て、債務危機が小康状態にあるのを最大限活用すべきだとの見解を示し ており、リイカネン総裁もこれを踏襲した。

リイカネン総裁は「ECBはその役割を果たした。各国政府も自ら の役割を果たすべきだ」と指摘。「市場の観点から、市場心理を決定的 に変えることができた」とした上で、財政赤字や長期債務など財政は各 国政府の管理下にあるものだと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE