物価連動債、海外勢や投信の需要見込めるとの意見-国債投資家懇

財務省は16日、主要な機関投資家な どで構成する国債投資家懇談会(座長・吉野直行慶応大学教授)を開催 し、物価連動債の発行再開に向けた協議などを行った。出席者からはイ ンフレ期待が高まれば海外投資家や投資信託などから需要が見込めると の意見が出た。会合合後に財務省幹部が説明した。

財務省は15日に開いた国債市場特別参加者会合で、物価連動債の発 行について、償還時に元本保証を付けることや2012年度中の再開を目指 すことを発表した。物価連動債は、物価上昇すると元本が増えるように 設計された国債。04年3月に発行が開始されたが、デフレの長期化など 投資環境悪化を受けて、08年8月を最後に新規発行を取り止めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE