ブルームバーグNY市長がゴールドマン訪問、スミス氏寄稿後

米ゴールドマン・サックス・グルー プを退社する社員が14日に同社の企業文化を公然と批判したことを受 け、ニューヨーク市のブルームバーグ市長は15日、ゴールドマンへの支 持を表明するため、マンハッタンにある同社本部を訪れた。

市長報道官のステュー・ローザー氏は、「市長はゴールドマンがニ ューヨーク市経済にとって極めて重要な要素であることを明確にするた め同社を訪れた。このような不当な攻撃は最終的には全てのニューヨー ク市民に打撃を与えかねない」と述べた。

市長は午前11時ごろに同社を訪問し、ロイド・ブランクファイン最 高経営責任者(CEO)や多数の従業員と会ったという。

ゴールドマンで米国の株式デリバティブ(派生商品)を欧州・中 東・アフリカの顧客に販売していたエグゼクティブディレクターのグレ ッグ・スミス氏は12年在籍した同社を去るにあたってニューヨーク・タ イムズ紙に寄稿し、同社の顧客の扱い方やブランクファインCEOとゲ ーリー・コーン社長などを痛烈に批判した。

市長はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ ピーの創業者で筆頭株主。

原題:Mayor Bloomberg Visits Goldman Employees After Smith Op-Ed (1)(抜粋)

--取材協力:Max Abelson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE