米財務長官:石油高への簡単な解決策ない-世界緊張が押し上げ

ガイトナー米財務長官は15日、石油 価格の上昇について「われわれが依然として危険で不確実な世界と直面 している」ことを示すと述べた上で、ガソリンのコストを引き下げる簡 単な解決策は存在しないと指摘した。

同長官はニューヨーク・エコノミック・クラブで講演し、「米失業 率が非常に高く、改善の速度もわれわれが望むより遅く」ても、米経済 の見通しは心強いと語った。

同長官は「石油の値上がりが示すように、われわれは依然、危険で 不確実な世界と直面している」と発言。「米国民はガソリン値上がりの 影響を実感している。この問題をすぐに簡単に解決する方法はないが、 全ての形態の新たなエネルギー源開発を一段と進展させる必要性が強ま っている」と指摘した。

長官発言は、エネルギーコスト高騰の責任がオバマ政権にあるとす る共和党の批判に対応したもの。米大統領選で共和党候補指名を目指す ギングリッチ元下院議長は2月22日、大統領就任の際には「ガソリン価 格が1ガロン当たり2.50ドルに下がるのを全米国民が期待できるよう」 北極圏野生生物保護区での掘削などを含むエネルギー関連プログラムを 推進する考えを表明。同じく指名を目指すロムニー前マサチューセッツ 州は今月1日、オバマ大統領は「米国の石油・天然ガス生産の伸びを抑 制しようとしてきた」と批判した。

米国自動車協会(AAA)の調査によると、無鉛レギュラーガソリ ンの全米平均小売価格は14日に1ガロン当たり3.82ドルに上昇し、過 去10カ月で最高値を付けた。ニューヨーク原油相場はイラン情勢の緊迫 化などを背景に、3月1日に昨年5月以来初めて1バレル=110ドル超 えた。

ガイトナー長官はまた、「欧州が長引く深刻な危機に直面し、世界 はイランと対立する事態に陥り石油価格に上昇圧力が掛かる中で」米国 は「さらなる課題」に直面していると指摘。「経済成長は徐々に強まっ ているものの、失業率はまだ極めて高く、貧困問題がある上、危機が残 した他のダメージも残っている」と付け加えた。

原題:Geithner Sees No Easy Fix to Oil Pushed Up by Global Tension (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE