バローゾ欧州委員長:ユーロ圏の状況は依然としてぜい弱

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のバローゾ委員長は、ユーロ圏の状況は「以前よりは改善し ている」ものの、「依然として脆弱(ぜいじゃく)だ」との認識を示し た。

同委員長は15日、ブリュッセルで記者団に対し、欧州中央銀行( ECB)による「断固たる行動」を含め、「危機対応の観点から前進が 見られた」と指摘。「前進があったとの事実は市場の状況から見て取れ る。ユーロは安定した通貨であり、そうあり続けると確信している」と 語った。

原題:EU’s Barroso Says Situation in Euro Region Remains Fragile (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE