IMF専務理事:ギリシャ向け国際支援に遅延の余地ない

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は15日、ギリシャ向け国際救済プログラムには「遅延の余地は ない」との見解を示した。

ラガルド専務理事はワシントンでの発表資料で、ギリシャでは「同 プログラムへのリスクが依然として非常に高い」と述べた。

原題:IMF’s Lagarde Says ‘No Room for Slippages’ in Greece(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE