グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、ハンセン指数が上昇。ただ、中国が不動産規 制を維持するとの観測から、不動産関連銘柄が売られるなど、下落銘 柄も多かった。

中国最大のインターネット企業、テンセント・ホールディングス (騰訊、700 HK)は、2011年10-12月(第4四半期)が増益 になったことを受け、4.1%値上がり。オンラインゲームの収入増が 増益に寄与した。

中国本土の不動産開発会社、碧桂園(2007 HK)を中心に不動 産株は下落。中国の温家宝首相が14日、住宅価格がまだ割高だとの 認識を示したことが響いた。チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、 1109 HK)も下げた。金相場が2カ月ぶり安値に下落したことで、 紫金鉱業(2899 HK)など産金銘柄も安い。子供服メーカーの博士 蛙国際(1698 HK)も下落した。

ハンセン指数は前日比45.64ポイント(0.2%)高の

21353.53で終了。年初からの上昇率は約15%。ハンセン中国企 業株(H株)指数は前日比0.5%安の11240.57で引けた。

リンセアン・ホールディングスのマネジングディレクター、フラ ンシス・ルン氏は、「不動産価格はまだ一般庶民にとってはるかに手 の届かない水準にあり、それが大衆の反感を生んでいる」と指摘。 「われわれは大幅な修正があると期待している。株価上昇は、温首相 が金融政策を若干緩和するという根拠のない期待に基づいていた」と 述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。指標の上海総合指数は約1カ月ぶりの安値 を付けた。中国への海外からの直接投資が減少し、同国経済の減速が 悪化するとの懸念が高まった。

万科企業(000002 CH)や保利房地産集団(600048 CH)が 下落し、両社などで構成される不動産株の指標は2日ベースで2010 年11月以来の大幅安となった。温家宝首相が14日、住宅価格は妥 当な水準からは程遠いと述べたことが材料視された。

重慶市共産党委員会の薄熙来書記が事実上解任されたことを受け、 重慶ビール(600132 CH)や重慶長安汽車(200625 CH)を中心 に、同市に本拠を置く企業が下落。金相場が8週間ぶり安値まで下落 したことで、中国最大の産金会社、紫金鉱業(601899 CH)は

2.3%安。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「経済はまだ下 向き傾向にあり、第1四半期の企業業績はそれほど良くならないだろ う」と指摘した上で、「大企業のバリュエーション(株価評価)はか なり低いため、一段の大幅な下落はありえない」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比17.46ポイント(0.7%)安の

2373.77と、2月20日以来の安値で終了。上海、深圳両証取のA 株に連動しているCSI300指数は前日比0.8%安の2585.55。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。インド準備銀行(RBI、中央銀行)が 3会合連続で政策金利を据え置いたことが売り材料となった。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は2.4%下げるなど、 銀行株は総じて安い。不動産開発で国内最大手のDLFは約5%急落 した。国内最大のエンジニアリング・建設会社、ラーセン・アンド・ トゥブロは2.5%下落。前日までの5営業日で13%上げていた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比

243.45ポイント(1.4%)安の17675.85と、5日以降で最大 の値下がりとなった。

インド中銀はこの日、政策金利であるレポ金利を8.5%に維持 すると発表した。ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト 調査では、22人中19人が金利据え置きを予想。中銀は今後の動き が利下げ方向になるとの立場を示した。ムカジー財務相は16日に予 算案を公表する。

ステイト銀(SBIN IN)の終値は2299.30ルピー。DLF (DLFU IN)は4.9%下げ195.65ルピー。ラーセン(LT IN) は1361.50ルピーで終了した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比9.41ポイント(0.2%)安の

4277.77。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.32ポイント(0.1%)安の

2043.76。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比3.64ポイント安の8121.62。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比0.56ポイント安の3025.84。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比3.67ポイン ト(0.2%)高の1579.38。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比6.98ポイント(0.6%)高の1171.34。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比14.35ポイント(0.4%)安の

4039.98

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比19.21ポイント(0.4%)安の

5031.78。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE