S&P:トヨタの格付け見通しは引き続き「ネガティブ」

格付け会社のスタンダード&プアー ズ(S&P)は、トヨタ自動車の長期・短期格付けを据え置き、格付け 見通しは引き続き「ネガティブ」とすると発表した。国内の生産と販売 の不均衡という構造的問題を抱えるため、収益性改善が遅れる可能性が あるとの見方を反映した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE