ココア相場の上昇は鈍化か-西アフリカの降雨で不足緩和予想

乾燥した天候に見舞われていた西ア フリカのカカオ豆産地で降雨があったため、アナリストらはカカオ豆の 不足が緩和するとの見通しを示している。不足予想によりココア(カカ オ豆)相場は過去1年で最大の上昇を示していた。西アフリカは世界の カカオ豆供給の69%を占める。

ニューヨークとロンドンでカカオ豆を取引するマレックス・スペク トロン・グループの推計によると、2011年10月-12年9月の世界の生産 は需要とほぼ同水準になる見通しだ。先月時点では9万4000トンの不足 が見込まれていた。ラボバンク・インターナショナルとエコバンク・ト ランスナショナルによると、ココア相場は7月までに14%下落し1トン 当たり2000ドルになると予想される。

サハラ砂漠から大西洋に向けて乾燥した風が吹き、収穫期を来月に 控えた西アフリカの農園が打撃を受けたため、ココア相場は過去2カ月 間に最大21%上昇した。ユーロモニター・インターナショナル(ロンド ン)によると、チョコレート市場は06年以降38%拡大し、市場規模 は1050億ドル(約8兆8000億円)に上る。生産は市場拡大に追い付くの が困難な状況だ。

マレックス・スペクトロン(ロンドン)の農産物オプションブロー カー部門責任者、エリック・シブリー氏は「西アフリカ、特にガーナで は最近、十分な降雨があり、収穫前のカカオ豆の生育にプラスの影響を 与えている。多くのアナリストは驚いている」と述べた。

ICEフューチャーズUSのココア相場は年初来で9.8%上昇 し2315ドル。商品24銘柄で構成されるスタンダード・アンド・プアーズ (S&P)のGSCI指数の上昇率は9.9%となっている。

原題:Cocoa Rally Fading as African Rains Erase Shortage: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE