マツダ:公募増資に一般投資家から1.5倍、機関投資家3倍の応募

マツダの山内孝社長兼会長は15 日、今回の公募増資に対し、一般投資家から1.5倍、機関投資家から 3倍、海外から8倍の応募があったことを明らかにした。その上で、 投資家がマツダの構造改革計画を高く評価してくれた結果と考えてい ると記者団に述べた。

また、マツダは新型クロスオーバーSUV「CX-5」の累計受 注が3月14日時点で約8000台になったと発表した。CX-5は燃費 向上技術「スカイアクティブ」を搭載し、2月16日に発売、国内の販 売目標は月1000台だった。欧州、北米、豪州などでも順次、販売予定 で、国内生産分の約9割を輸出することになる。

山内社長は、「社運をかけた車」のCX-5の世界販売について、 従来目標16万台に対し、受注好調を受けて20万台近くを期待したい と語った。また、生産能力の増強が必要になるとの認識を示した。

--取材協力:向井安奈、馬傑 Editor:Hideki Asai、Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864 yhagiwara1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE