英BP:原油高で手元資金増-メキシコ湾流出事故補償で最終案交渉中

原油価格が2008年以降で最高水準ま で上昇している中で、米政府とメキシコ湾原油流出事故補償の最終案で 交渉している英BPの手元資金が増えている。

バークレイズによると、原油価格高騰は、BPのロバート・ダドリ ー最高経営責任者(CEO)にとって、破綻間際だった同社再建に向け たプラス要因となったが、米政府との事故補償交渉にも影響を及ぼす見 込み。政府に対する補償額は今回の原油流出事故で最大規模となる可能 性がある。北海ブレント原油価格は事故があった10年4月20日以降、41 ドル上昇し1バレル当たり約126ドルとなっている。BPはブレントが 1ドル上がるたびに年間収益が3億5000万ドル(約290億円)増えると 推計している。

米司法省との間の交渉に詳しい関係者が先月明らかにしたところに よると、政府への事故補償額は最大176億ドルになる見通し。BPは200 億ドルの基金を設け、既に住民や企業との間で78億ドルを支払うことで 合意した。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントの運用担当者、アイ バー・ペサー氏は「原油価格は双方に影響を与えそうだ。米国のガソリ ン価格が過去最高値に近いことを考えると、司法省はBPに甘いと見ら れたくない。原油価格高騰でBPは余分に数十億ドル支払う余裕ができ ている」と指摘した。

BPは米連邦政府への補償に備え35億ドルを計上している。今年の 選挙で再選を狙うオバマ米大統領は、ガソリンなど燃料価格の高騰で共 和党から政治責任を問われている。

BPのブライアン・ギルバリー最高財務責任者(CFO)は4日、 流出事故関連の費用について最大372億ドルとの同社の試算に変更はな いと述べた。

原題:Oil at $126 Boosts BP Ability to Pay More for Gulf Spill: Energy(抜粋)

--取材協力:Margaret Cronin Fisk、Seth Stern.

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE